STRUM | メンズ革ジャンと拘りのジーンズブランド

デニムオン革ジャンで武骨な雰囲気を増幅させた着こなしに

デニムオン革ジャンで武骨な雰囲気を増幅させた着こなしに

秋のメンズコーデに欠かせない革ジャンに『オーセンティック』なストレートジーンズを合わせて。

サステナビリティへの注目から、ヴィンテージ、オーセンティックなアイテムが改めて注目されている。
ジーンズといえばスタンダードなストレート。そしてそのコーディネートには革ジャンと・・・不朽の名作と言われるアイテムを軸にスタイリングを組み立てていきます。

 今回は、『SPEEDER』(スピーダー)、『1977』(イチキュウナナ)を使ったコーディネートをご紹介していきます。

 

着こなしのコツ①:革ジャンの素材を活かしていくのであれば、フルジップアップが必須。

特に傷の多い馬革だけを使い、通常の半分(2m→1m)のサイズまで縮めシュリンクさせ、傷とシボ感が特徴の革を活かした着こなしであれば、試してほしいのは前を閉めた、フルジップアップ。

フロントを開けた時の雰囲気も違うが、何よりもコーディネートの主役である革ジャンの存在感が全面にアピールできる。

  

 着こなしのコツ②:革ジャンに負けないインナーは、胸元にひとデザインあるアイテムをチョイス。

前回のBLOGでもご紹介している、ヘンリーネックのインナーは、オーセンティックな革ジャンXデニムのコーディネートにも外せない存在感を発揮。

個性的な革の表情、ダブルライダースのデザインインパクトにも馴染む、今季特に優秀なヘンリーネックTをチョイス。

 

着こなしのコツ③:極めて武骨に仕上げるならデニムオン革ジャンは外せない選択肢

革ジャン×ジーンズの不朽のメンズスタイルは、まさに大人の男を体現したコーディネート。
軸がデニムで決まるため、意外に遊び心を取り入れやすく、自分らしいデニムの形をチョイスして唯一無二のスタイリングを構築したい。

今年の秋冬にはオーセンチックアイテムの回帰はささやかれ、ストレートジーンズは注目アイテム。
STRUMでは、レギュラーストレートの『1977』(イチキューナナ)の裾を少しテーパードさせ、渡りをやや細くし無骨な雰囲気を残しつつスタイリッシュな印象に仕上げている

 

Enjoy Fashion!

  

 

モデル
178cm/55kg

 

STL064-01

 

 

STC141-02

 

 

STJ001-RS01

 

 

SSG-004

 

 

STG040-01C

 

  

STG039-01

 

 

STB006-09

 

 

Instagram

Ja
Ja