STRUM | メンズ革ジャンと拘りのジーンズブランド

本格的な冬が到来。お気に入りのレザーアウターを主軸にしたメンズコーデを実現!

本格的な冬が到来。お気に入りのレザーアウターを主軸にしたメンズコーデを実現!

明るい色味を取り入れて、トーンオントーンでワンランク上の着こなしを

いよいよ本格的な冬シーズンに突入する12月。
お気に入りのアウターを軸に、様々なコーディネートを楽しみたい。
ダークトーンでThe冬の色目にまとめたり、逆に明るい色味を取り入れトーンオントーンのテクニックきかせるなど、アウターが同じでも組み合わせ方を工夫するだけであらゆる表情を見せることが可能。

STRUMでは、Burning DyedのBLUE GREEN『SLATER』 を使ったコーディネートをご紹介していきます。

着こなしのコツ①:個性を活かした雰囲気を演出するなら製品燃焼染めBurning Dyedを使ったコーディネート

シンプルなシングルライダースは、唯一無二の製品燃焼染めBurning Dyed加工、ダークトーンが多い冬こそ、明るいカラーリングのブルーグリーンをチョイスして個性をアピールしたい。

今期注目を集めているミリタリーやワーク系テイストは、インナーのデニムシャツとイイ感じに色褪せた百年加工を施したジーンズを合わせて、あえてナードな雰囲気に着こなすのが今の気分。いい歳を重ねた大人の雰囲気を演出するのもカラーリングが丁度いい。

 

 着こなしのコツ②:ウエスタンスタイルのデニムシャツでカジュアルコーデに男らしさを演出

ショルダーヨークやフラップ付きの胸ポケット、着脱しやすいスナップボタンが特徴のウエスタンシャツは、デニムシャツの中でも主役級の存在感を放つSTRUMのNEW定番アイテム。

淡いインディゴブルーのウエスタンシャツはオンスが5.3OZとオールシーズンコーディネートに取り入れやすく、加工が入ったジーンズとの合わせは同ジャンルのアメカジのカジュアルで男らしさを際立たせている。

 

着こなしのコツ③:ブルーのトーンオントーンテクニックの活用が冬コーデの印象を一新する!

ついついダークトーンの着こなしに偏りがちな冬コーデこそ、ブルーアイテムの抜け感を取り入れたい。アイテムにブルーの面積が増えることで、冬のアウターの重たい雰囲気が緩和されて、瀟洒で軽やかな着こなしに仕上がりやすくなる。
長年吐き続けて、汚れやリペアされたこなれ感あるジーンズをシンプルなシングルライダースとデザイン対比がランクアップ。
ボンヤリしがちな色目を最後にブーツの黒でキリッと締めて。

なかでもトーンオントーンのテクニックの取り入れは、冬コーデがグッと新鮮な見た目に仕上がるため、ぜひまだの方はお試しを。

 

Enjoy Fashion!

  

 

モデル
178cm/55kg

 

STL067-01

 

 

STJ003-OG01

 

 

STJ001-RS02

 

 

SSG005-01

 

 

STG026-04C

 

  

STB004-01

 

Instagram

Ja
Ja