STRUM | WE SHIP WORLDWIDE

アウターONアウターのレイヤードテクニックを使って、ライダースを冬でも着倒そう

アウターONアウターのレイヤードテクニックを使って、ライダースを冬でも着倒そう

気温が下がり組み合わせるアイテム数が多くなる冬場は最も着こなしの幅が広く、自分のスタイルを表現できるシーズン

冬の定番アウターといえばレザーライダースジャケット。
インナーにTシャツをあわせれば春秋スタイルに、インナーに厚手ニットやスウェットパーカーをあわせれば冬スタイルにと、着用可能なシーズンが長いアウターの一つ。

STRUMでは、Japanオイルカーフ『SLATER』 とオーバーコート使った冬のコーディネートをご紹介していきます。

着こなしのコツ①:レザーライダースとオーバーコートの合わせでキレイめな印象と男らしさをコーデに両得

キレイめな印象と男らしさを両得できるテーラードアイテムとレザーアイテムの組み合わせは、メンズファッションの定番であり当然チェスター型のオーバーコートとレザーのアウターONアウター着こなしにも実力を発揮する。

上に羽織るアウターにゆとりがあれば、インナー使いできるレザーアイテムとしてはレザーシャツ、ダブルライダースと様々なシルエットのレザーアイエテムが選択肢となり、どのポジションで男らしさをプラスするかによりコートの見え方も全く異なるものとなる。

今回のコーデには、シングルライダースを合わせ、コートのVゾーンにアピールして、よりアウターONアウターのテクニックレイヤードで一癖ある着こなしを表現している。
その為には、ライダースのフロントジップはフルクローズしておきたい。

 

 着こなしのコツ②:インナーカットソーには、差し色とフロントを
開けた時のワンクッションあるネックレス使いを

この時期には、ほおっておくとダークトーンのインナーを合わせがちだが、アウターオンアウターのコーディネートには、明るいグレーを差し色にしてコーディネートに軽さをプラスすることをお忘れなく。

また 、目を惹く大きめのクロスネックレスは、フロントをオープンクローズした際でも目線を上に上げ、軽さと縦長効果も発揮してくれる。

 

着こなしのコツ③:わかりやすい統一感がポイント!小物のテイストが統一されると、コーデがグッと引き締まる

小物のテイストを統一すると一口に言っても、手段は様々。素材や色合い、デザインコンセプトなど、こだわり出すとキリが無く、一貫性に固執し過ぎるのも考えもの。誰から見てもわかりやすい統一感がポイント。

例えば、カラー揃えて統一感を演出するのは有力な選択肢。アクセサリーからサングラスまでモノトーンで統一しつつ、ベルトだけ目を惹くレッドをチョイス。
合わせるところとハズしはわかりやすくが◎

 

Enjoy Fashion!

  

 

モデル
178cm/55kg

 

STL045-07

 

 

STC124-02

 

 

STC141-01

 

 

STJ002-SN04

 

 

SSG005-01

 

  

STB006-01

 

Instagram

Ja
Ja