STRUM | WE SHIP WORLDWIDE

アウターONアウターのテクニックにGジャン型レザーを取り入れて

アウターONアウターのテクニックにGジャン型レザーを取り入れて

Gジャン型レザージャケットをインナー使いで冬コーデにアイディアをプラス!

本来はアウターとしての性格が強いアイテムをインナーとして使ったコーディネートはこなれ感バツグン。

今回はアウターONアウターを実践しつつ、Type1Gジャン型レザージャケットのインナー使いをご紹介していきます。

 

 着こなしのコツ①:Gジャン型レザージャケットのインナー使いを成功させるコツとは?

Gジャン型と一口に言ってもGジャンタイプのトラッカージャケットからカバーオール、テーラードジャケットタイプまで多種多様。

今回は、ポピュラーなトラッカータイプをチョイス。
着丈が短くシルエットもコンパクトなためインナー使いしやすい。Gジャンタイプの襟型に合わせやすいオーバーコート類はレイヤード向き。

縮絨のオーバーコートは、ライダースの上から羽織れるように作られてられているため、サイズ選びを間違えない限りデニムジャケットを着込んでも本来のシルエットが崩れることなくルックスもスマート。

 

着こなしのコツ②:合わせやすく控えめなオーバーコートとGジャン型レザージャケットにレオパードシャツをインサート

合わせやすく控えめな縮絨オーバーコートとType1Gジャンのほどカジュアル感を同調させ、キレイめな印象と武骨さ両方を兼ね備えた着こなし。

黒をベースにコートとGジャン型レザージャケットのフロントボタンは、ラフに上下ともに1つボタンを外して、抜け感を出すのを忘れずに。シャツはレオパードがアクセントになる大人のミックススタイル。

 

着こなしのコツ③:ボトムには濃紺デニムをチョイスしてシックなの雰囲気を演出

アウターONアウターのボトムには、濃紺デニムを合わせることでダークトーンでまとめてシックな大人の雰囲気を醸しながら暗い色味や深い色合いで季節感を演出することを提案したい。

もちろん秋冬以外の春、夏、でも応用できる着こなしではあるが、白やニュートラルカラー、淡い色味のアイテムが多用される夏のジーンズコーデとの違いが明確となる秋冬の場合は、他の季節よりもダークトーンによる視覚的効果はわかりやすいく、しっかり季節感を打ち出せる。

そして、細身のストレートシルエットをチョイスしたことでアウターONアウターのボリュームとのバランスは、エンジニアブーツで足元に重たさを出すことが必須。 

Enjoy Fashion!

  

 モデル

178cm/55kg

 

STL045-03

 

 

STC124-02

 

 

STJ001-TS01

 

  

SSG005-01

 

 

STG026-04C

 

   

SSB001-01

 

 

Instagram

Ja
Ja