STRUM | WE SHIP WORLDWIDE

昼夜の寒暖差が激しいこの時期、気温に合わせた柔軟な着こなし

昼夜の寒暖差が激しいこの時期、気温に合わせた柔軟な着こなし

メンズコーデを春っぽくみせる着こなしのコツとは?

気温があがりはじめ、本格的な春シーズンをむかえる3月。
昼夜の気温差が激しいため、服装選びが難しい季節とも言われている。

今回は、新作の3Dプリントロングカーディガンャツを使って、ベストな春の着こなしをご紹介していきます。

 

着こなしのコツ①:明るいトーンで春らしい『季節感を』演出するのがセオリー

春らしい季節感を演出するなら、明るいカラー・トーンのアイテムを取り入れるのがセオリーだ。

今回は、ターコイズブルーのロングカーディガン、GUN BLUEのライダース、ブルージーンズ、などブルーベースでのアイテムをコーデにプラスするのがポイントだ。
ロングカーディガンを革ジャンの上に羽織ることで一気に春の季節感を打ち出すコーディネートになること間違いなし。

 

着こなしのコツ②:抜けが良く中和力に長けた白Tシャツでアク抜きし、コーデをすっきりとした印象に

アウターに柄モノをコーディネートに使った場合の攻略に有力な一手のなるのが、無地の白Tシャツのインナー使い。
抜けが良く中和力に長けた白Tシャツをインすることで、上に羽織ったカーディガンがイイ按配にアク抜きされコーデが一気にすっきりとした印象となる。

 

今回の3Dフラワープリントだけでなく、柄を問わず応用できるうえ、定番の白Tシャツというとっつきやすいアイテムを使うというお手軽さもあり、柄モノの攻略に苦戦した際には是非ともお試しあれ。

 

着こなしのコツ③:おもむきのあるクラッシュジーンズでニュアンスを演出する

インディゴの色が落ちたブルージーンズで季節のニュアンスを演出するのもイイ感じ。
秋冬は重厚なアウターが注目されがちだが、春夏ならパンツを主役としたコーディネートもつくりやすい。ブルージーンズはトーンも明るめなため、春っぽい季節感を取り入れる手段としても有効的。

特にクラッシュ加工が入ったダメージジーンズはグランジスタイルの定番アイテムであり、着こなしにルーズな抜け感とこなれ感を与えてくれる。

 

Enjoy Fashion! 

 STRUM STAFF Ryoko

 

  モデル:178cm/55kg 

 

STL067-02(着用サイズL)

 

 

STC147-02(着用サイズM)

 

 

STC140-01  (着用サイズMサイズ)

 

 

SSG005-01

 

 

STS001-03

 

 

STG026-04C

 

 

STB006-01

 

Instagram

Ja
Ja