STRUM | WE SHIP WORLDWIDE

STRUM流スニーカーコーディネート特集!第2弾

STRUM流スニーカーコーディネート特集!第2弾

スニーカーを上手に組み合わせるのコツとは?

スポーツのエッセンスをミックスして、こなれ感のあるスタイルを叶えるスニーカーの組み合わせ。
どんなボトムスにスニーカーを合わせるべきかなど、コツが掴めず苦慮している方もまだ少なくないでは?

今回は、最新の『BLACK REVOLT 2』BLACK を使って着こなしのコツをご紹介していきます。

 

着こなしのコツ①:ボトムスの色味とスニーカーの色使いを同調させて印象を馴染ませる

スニーカーコーデの基本的な攻略法として外せないのが、色味を同調させて印象を馴染ませること。

コーディネートの中でもっとも視覚的に訴求しやすい色味で関連性を持たせれば、ボトムスとスニーカーのリンクがより強くなり、野暮ったさや違和感を感じることはない。

細身のストレートであるTIGHT JOE は、ワンウォッシュのブラックをチョイスしてスニーカーの色味とリンクさせよう。

 

もちろんその際にはボトムスのシルエットや丈感に対するスニーカーのボリューム感のバランスも重要となる。

フルレングスで裾にクッションを作ると良い意味でのルーズなルックスやぬけ感のある印象を生み出せる。 

着こなしのコツ②:全体をブラックでまとめつつ地味見えしないテクニックを盛り込む

ボトムスとスニーカーのみならず、キャップまでブラックでまとめたカジュアルな着こなし。全体の色味を統一した着こなしは洗練されて見える反面、ともすれば地味に見えてしまいがち。

サロペット×スニーカーの組み合わせて、フロント部分を折り返しデザインで地味見えを回避。さらにインナーにブルーのロンT使いで差し色をプラス。

コーディネートに少しテクニックを盛り込むことで、至極オシャレな着こなしに。

 

サロペットを合わせたこんなカジュアルなスタイリングなら、裾もラフにするのもアリ。 ゆったりとしたシルエットやワイドレッグのボトムスは、フルレングスで裾にクッションを作ると◎

 

 

着こなしのコツ③:スプラッシュ加工を施した白ソールスニーカーでこなれ感たっぷりに

色落ちしたホワイト系のボトムスには白ソールのスニーカーを合わせるのも着こなしのコツ①でもあるように色味を合わせたコーディネートの一つ。
今回はスプラッシュ加工を施したモデルをチョイスして一味違った印象のコーデに仕上げよう。

 

『BURN OUT』加工のレザーライダースとのリンクが効いていて、一段とオシャレに感じさせる。

このコーデでは、SKINNY JHONの膝下が細いスキニージーンズをチョイスし、こちらも裾にクッションを作ってラフな雰囲気に。

 

Enjoy Fashion! 

 STRUM STAFF Ryoko

 

  モデル:178cm/55kg 

 

STL068-02(着用サイズM)

 

 

STL045-02(着用サイズM)

 

 

STL043-02 (着用サイズM)

 

 

STC115-03(着用サイズM)

 

 

STC140-01(着用サイズM)

 

 

STC147-01 (着用サイズM)

 

 

STJ002-TS01 (着用サイズ30インチ)

 

 

STC128-01 (着用サイズM)

 

 

STJ002-SN02 (着用サイズ30インチ)

 

 

STB007-01 (着用サイズ27cm)

 

Instagram

Ja
Ja