STRUM | WE SHIP WORLDWIDE

2022-23 A/W COLLECTION-Replicant- から ダウンベストCOOPERを使った着こなし

2022-23 A/W COLLECTION-Replicant- から ダウンベストCOOPERを使った着こなし

先日発表されたばかりのコレクションからスエード ホースハイドフードダウンベスト: COOPER(クーパー)をPICK UP!

2022-23 A/Wのコレクションから メインレザーの1つであるスエード ホースレザーで新型ダウンベスト『COOPER(クーパー)』を発表。
ダウンベストの着こなしをご紹介していきます。

 

着こなしのコツ①:発色性の高いスエードダウンベストでコーデのオシャレ感を底上げ

スエードが持つ魅力の一つとしてあげられるのがその発色性。
鮮やかなバーガンディがコーデのアクセントとして重宝する。
また秋冬の定番アイテムであるダウンベストをスエードレザーでチョイスすることでオシャレ度をさらに底上げする。

 スエードならではの独特な風合いや色味、そして使い込む度に毛足が馴染んでいく経年変化も相まって一味違ったスタイリングへとブラッシュアップできる。

 

着こなしのコツ②:スエードシャツを合わせて、さらなる奥行き感を演出

ダウン以外を小物に至るまでブラック系で構築したクールな印象のあるコーディネート。
単調になりがちなブラック+差し色カラーの装いもインナーのレザーシャツもスエードにすることで、ブラックに濃淡をつけてリズム感を演出、さらにスエードやデニム、ブーツのホースレザーなど素材の違いによる色の深浅を巧みに利用することで奥行きのある仕上がりに。
抜け感は、ブーツの白ソールにお任せしよう。

  

着こなしのコツ③:フード付きダウンベストならカジュアル感の強いジーンズスタイルにもよく似合う

ジーンズスタイルには、王道カジュアルな着こなしにはフード付きのパーカータイプのダウンベストがよく似合う。

スエード面だが馬革特有の傷や血筋、染めムラが男ぽさを醸し出し、反面丁寧にペーパーがけされた繊細さ品と両得できる素材感まもちろんのこと、イギリス軍のタクティカルベストベースにを再構築されてデザインは、カジュアルスタイルにハマりやすい。

袖がないぶんジャケットやブルゾン、パーカーなどと合わせやすく、何よりのライダースの上からアウターONできる。
厚着しがちな冬のスタイリングを軽快に見せるのにうってつけのアイテムだ。

 

2022-23A/W COLLECTION-Replicant-先行予約の受付は、2022.5.8(SUN)24:00が最終締め切りとなります。

Enjoy Fashion! 

     STRUM STAFF Ryoko

 

  モデル:178cm/55kg 

 

STL066-03(着用サイズM)

 

 

STL061-01 (着用サイズM)

 

 

STJ002-TS01(着用サイズ30インチ)

 

 

SSG005-01

 

 

STS003-01

 

 

STG026-04C

 

 

STB006-01

 

 

Instagram

Ja
Ja