STRUM | WE SHIP WORLDWIDE

2022-23 A/W COLLECTION-Replicant- から Burning dyed FEVER を使った着こなし

2022-23 A/W COLLECTION-Replicant- から Burning dyed FEVER を使った着こなし

先日発表されたばかりのコレクションから襟付きシングルライダース:FIVER(フィーバー)をPICK UP!

2022-23 A/Wのコレクションから STRUMの顔の1つであるBurning Dyed-製品燃焼染め-『FIVER(フィーバー)』を発表。


久しぶりに再販された襟付きシングルライダースの着こなしをご紹介していきます。

 

着こなしのコツ①:さり気なさが絵になるシングルライダースジャケットのシンプルコーデ

デニムシャツ×ジーンズという定番、鉄板スタイルに合わせたさり気ない着こなしさえも簡単に絵になるのは、襟付きシングルライダースジャケットのポテンシャルがあればこそ。

STRUMの顔とも言えるBurning Dyed-製品燃焼染め-燃えるという究極の経験をした革ジャンだからこそ、トップスの上へバサッと羽織るだけで、着こなしが一気に大人の色気漂う雰囲気に。

 

 

着こなしのコツ②:デニムシャツをチラ見せしシングルライダースジャケットコーデのキメ感を軽減

ライダースの下に着たデニムシャツを首元と裾からチラ見せし、シングルライダースジャケットコーデのキメ感をユーズド加工のカジュアル感で軽減。

 

レギュラーストレートのジーンズとスニーカーの組み合わせでは抜け感や遊び、ハズしをしたテクニックでハードでロックなイメージのシングルライダースコーデが新鮮な印象に。
より今っぽい雰囲気に仕上げるなら、シルエットにもひとアレンジして、ゆとりのあるサイズをチョイスしてコーディネートに加えたい。

 

着こなしのコツ③:Burning Dyed-製品燃焼染め-特有の色の経年変化を楽しもう

何よりもこのFIVERは、唯一無二のBuening Dyed-製品燃焼染め-による焦げ、独特の色ムラも注目すべきだが、何よりも色の経年変化を自分だけの経年変化を楽しみたい。
一概には言い切れない着ている人によって色抜けや触ることによって手の脂で色が濃くなったりと様々な表情に出会える。 

染める時に軽く湿るため、若干の縮みが生じる為、STRUMのライダースの標準サイズよりもハーフサイズ程度小さく感じる。

 

 

ナチュラルなシボや、カーフスキン特有のトラ柄もしっかりと入っている。

2022-23A/W COLLECTION-Replicant-先行予約の受付は、2022.5.8(SUN)24:00が最終締め切りとなります。

Enjoy Fashion! 

     STRUM STAFF Ryoko

 

  モデル:178cm/55kg 

 

STL067-04(着用サイズM)

 

 

STC003-OG01(着用サイズM)

 

 

STJ002-RS02(着用サイズ30インチ)

 

 

SSG005-01

 

 

STS001-03

 

 

STG026-04C

 

 

STB007-01

 

 

Instagram

Ja
Ja