STRUM | メンズ革ジャンと拘りのジーンズブランド

COORDINATE 2021.3.16

COORDINATE 2021.3.16

デニムスタイルで作る『春』コーディネート。

 

日差しの暖かさや空気の爽やかさを感じる春。寒さに気分もどんよりしがちな冬とは全く違う新鮮な気持ちでコーディネートを楽しみたい。

しかし、朝晩に寒さが残ることもあり、ボトムスは定番のジーンズと即決しても、合わせるアイテムが悩ましいと苦慮する方も少なく無いはず。

『春のデニムコーデ』+革ジャン着こなしをご紹介していきます。

 

  

春コーディネートテク①:ブルーデニムで春服らしい爽やかな雰囲気をプラス!

 

武骨で男らしい雰囲気を与えるレザーライダースに対して、加工が施されたオーガニックコットンのユーズドジーンズは淡いインディゴの色味が爽やかな雰囲気を演出してくれる。

ジップがアクセントのこの革ジャンは、敢えてフロントを閉める着こなしも提案したい。

クリーンな雰囲気を残す為にシャツに合わせて軽快にまとめたり、ダークトーンのトップスに抜け感を演出するために取り入れるなど、様々な着こなしを楽しみたい。

 

 

STRUMの新型ダブルライダースモデル『DIVINE』(ディヴァイン)

 

地生のカーフの牛革原皮を日本国内でクロム鞣し、オイル仕上げをすることでより、弾力性が増して柔らかくしっとりとマットな品のある光沢が持ち味。
 

イタリアのRaccagniファスナーのエレメントが際立つよう配置したデザインが特徴的なSTRUMの新型ダブルライダース。

 

 

春のコーディネートテク②:色味をマッチさせたデニムパンツとデニムシャツで春コーデをラギッドに構築

 

人為的ではなくナチュラルに着古したUSED感あるデニムシャツと色味をマッチさせたタイトストレートのデニムを合わせ、春のカジュアルコーデをラギッドに構築。

ストレートやバギーシルエットのジーンズを合わせるとがっつりワークスタイルが完成するが、細身のストレートデニムなら今っぽい雰囲気でワーク感も控えめだ。

 

 

春コーディネートテク③:タイトフィットのデニムと革ジャンを意識したプラスのブラックコーデ

 

レザーのライダースジャケットとエンジニアブーツで朝晩の寒さ対応に軸足を置きつつも、薄手のインナーとタイトストレートのデニムで春を意識したコーデ。

特に①、②であったカラーワークももちろんだが、足元のブーツも裾をINではなくOUTすることで黒を重たくさせず、アクセントに。

シーズンを股にかけた長いスパンでの着こなしが可能なレザーライダースデニムのコーディネートなら、春の到来を待ちわびるこの時期のコーデにうってつけ。

 

Enjoy Fashion!

 

 

 

モデル
182cm/65kg

 

STL045-08

 

   

 

STC093-01

 

    

 

STJ001-TS02

 

   

 

SSG005-01

 

   

 

 

STS003-01

 

 

 

 

STG040-01C

 

 

SSB001-01

 

 

Instagram

Ja
Ja