STRUM | 東京を拠点とする革ジャンが中心のメンズブランド

COORDINATE 2021.5.21

COORDINATE 2021.5.21

オーガニックコットンを使用した、STRUMの『ジーンズ』は、オールシーズンで大活躍!

 

メンズファッションのボトムといえば、まず上がってくるのはデニムパンツ(ジーンズ)の存在。
デニム地がもつ独特な風合いや、経年変化によって滲み出る味など、メンズファッションに欠かせない地位は間違いない。

STRUMの新しい顔となる『ジーンズ』 をご紹介していきます。

 

 

  

着こなしのコツ①:クリーンな雰囲気とタイトなシルエットでコーデをまとめクラッシュ加工を際立たせたダメージデニムの着こなす

 

全体をタイトフィットのシルエットでコーデをまとめ、インナーにはシルク・コットンの天然素材のシャツをクリーンな色味でまとめ、爽やかさの中にエッジを効かせた夏のカジュアルコーデを表現。

サングラス・シャツ・ボトムスとブルー系爽やかな色味で統一し、無駄のないシルエットにまとめることで、ジーンズのハードなクラッシュ加工を際立たせている。
色味を2〜3色に抑えているのも統一感がアップしている要因。

 

 

ダブルライダースジャケットの金属パーツを全てメタルホックボタンを使用して製作したナポレオンタイプのINDIE(インディー)

 

地生のカーフ牛革原皮をクロム鞣しし、オイル仕上げで弾力があり、柔らかくしっとりとマット感のある上品な光沢に。

ダブルライダースジャケットの金属パーツをファスナーやバックルではなく、全てメタルホックボタンを使用して製作したナポレオンタイプ。

 

 

 

着こなしのコツ②:ダリア柄シャツにダメージジーンズを合わせて甘辛に仕上げたメンズコーデ

 

ダリアの柄シャツは開放的な夏の気分とシンクロし、季節感を打ち出すのにはもってこいのアイテム。
花柄だと一見チャラく見えてしまう恐れもあるが、とろみがある落ち感や、ゆとりのあるオトナシルエットがそこを回避。

ダリア柄シャツにほつれと色落ちがほどよいダメージジーンズをセット。
ラギッドなボトムスで浮足立つようなリゾート感を軽減し、地に足の付いた街馴染みしやすい甘辛なスタイリングに。

  

 

着こなしのコツ③:大人のダメージジーンズは、肌の露出はNG!

 

大人のダメージジーンズ選びのポイントは、肌の露出が控えめで清潔感のあるアイテムであること。
たとえ激しいダメージがあったとしても、裏からタタキが入っていてリペアされているものならアクセントがありつつも印象は上品寄り。大人が穿いて無理がなく違和感のないダメージジーンズで、ほどよくエッジを効かせるのが粋。

その点こちらのデニムは、激しいクラッシュもありながら肌の露出度は0!

差し色でBurning DyedのBurgundyカラーを差し色を、アクセントをつけることで洒脱感UP間違いなし。

 

Enjoy Fashion!

 

 

 

モデル
178cm/55kg

 

STL045-09

 

 

STC138-02

 

 

STJ001-TS03

 

 

 

SSG-03

 

 

 

STS003-01

 

 

STG026-01C

 

 

STB004-01

 

 

Instagram

Ja
Ja