STRUM | 東京を拠点とする革ジャンが中心のメンズブランド

STYLING 2020.11.12

STYLING 2020.11.12

ファーベストとカモフラージュラップコートを使ったスタイリング。

組み合わせるアイテムが多い秋冬コーデのバリエーションは無限大。
今回は、『ファーベスト&ラップコート』のスタイリングをご紹介していきます

 

 

秋冬コーデは、どんなアウターを羽織るかでスタイルがほぼ決まると言っても大袈裟ではない。
そんな秋冬用のアウターは、コーディネートが組み立てやすいようになるべくシンプルなデザインをチョイスしているという方も少なくないのでは?

ときにはスパイスやエッジをきかせたいもの。
そこで防寒も兼ね備えた、モンゴル産のカシミア フーディベストをラップコートのライナーとしてIN。

 

 

表面は粗毛で、その下に細い柔毛が密生している為、襟元からフーディ部分をラップコートの上に覗かせるだけで存在感抜群の着こなしに。

見た目だけでなく、保温力が高く毛の密度が高いので暖かさは保証済み。

コーディネートの完成度はそのままに、カモフラ柄との合わせでミリタリー感もアクセントとなる。

 

 

最上級の毛皮を高度な技術で製品化。

カシミアの毛皮を製品化するには、極めて高度な技術を要する為、市場に出回るのは非常に珍しいと言われています。

両側ポケット付き。ファスナーはイタリアのRaccagni社製を使用しています。

ラップコートを脱いでも、手抜きに感じないのは、ロング丈のチェックシャツがいい役割を果たしている。

 

 

トップスの個性的な場合、細身のデニムパンツで引き算すると、スマートでスタイリングにまとまりが出る。

逆に足元は、トップスのボリューム感に負けない様にパンツの裾をINして目立たせる事が必須。

 

Enjoy Fashion!

 

 

モデル
178cm / 55kg

 

STL059-01

 

 

STC127-02

  

 

STC125-01

 

 

SSG005-01

 

 

 

STS001-03

 

 

SSB001-01

 

 

Instagram

Ja
Ja