STRUM | Genuine leather riders from JAPAN.

STYLING SNAP VERSION

STYLING SNAP VERSION

2021 SPRING/SUMMER COLLECTION "UNION"

先日OFFICIAL STOREで開催され、沢山のSTRUMMERにご来場いただき、 有り難うございました。

少しずつですが、会場での雰囲気をご紹介していきます、今回はSTRUMの新旧問わずレザー着用の方々をピックアップ!!

 

  

2020 F/W直営店舗では、即完売だった『ピットフルタンニン シュリンホース』”SPEEDER(スピーダー)”を早速着用されて、ご来場いただきました。

SUTRUMMERらしくフロントジップは、フルに閉めて。
シボ感がある馬革の無骨な男っぽさを際立たせるためにシンプルにブラックのボトムを合わせてスタイリッシュな雰囲気は流石です。

 

 

そして、着眼したいのが・・・、ALLブラックのシンプルなスタイリングにグレーのエンジニアブーツをIN。

マットなカバ革(※ご本人のSNS参照)のカラーリングがこのコーディネートのスパイス役になり洒脱感が一気にUP!

 

 

今や入手不可能『BURN UP 地生白鞣しカーフスタンドカラージャケット』を着用されてのご来場。

カーフ白鞣し独特の薄乳白色の柔らかなカラートーンを活かした、グレーをインナーにしたトーン合わせ脱帽モノ!テクニックです。

更にBURN UPで出来た焦げとボトムのデニムのクラッシュとの雰囲気リンクは、よりオトナこなれ感が演出されて◎!

 

 

同じ革でも全く同じものはなく、着ている方が使い込む程に艶と味が増すといった本来の風合いを見せていただきました。

袖からシャツを着たようなレイヤード風を楽しめのもこのタイプならでは。

 

 

独特のツヤ感の『地生フルタンニンカーフ イタリアン OIL/WAX 加工 ウエスタンシャツ』を着用されてご来場いただきました。

イタリアのオイルと特殊なWAXを塗り込められて、初めはレザーシャツだけで直立するほどのハリを持ったレザーシャツが驚くほどに柔らかくなり、当たりとツヤ感が!!!

「夏でも室内で冷房ガンガンの中着てたからね。」と、究極の自ら育てるレザーをまさに体現している様です。

 

 

画像からは見え難いですが、インナーに鮮やかなロイヤルブルーのカットソーをINし、ボトムのユーズド加工デニムパンツとワントーン(実は、足元のエンジニアブーツもブルー)で仕上げているのは、まさに上級テクニック!

 

 

ラストは、『地生フルタンニンステア 製品染め ダブルライダースジャケット』を着用してご来場くださいました。

フルタンニンで鞣した革が柔らかく、光沢感がありつつも、カラーライダースジャケットが味のある色合いに成長しておりました。

 

 

バードな着こなしが多いSTRUMMERの中、チャコールグレーのスラックスにスニーカーとのスタイリングは、エアフォーレストな雰囲気で一際目を惹きました。

インナーのカットソーとスニーカーの白がこなれたレザーのブルーを爽やかに仕上げて◎!

 

Enjoy Fashion!

 

 

フルタンニン ピット鞣し シュリンク ホースハイド "SPEEDER" ダブルライダースジャケット / BLACK 

 

【BURN UP】地生白鞣しカーフ スタンドカラージャケット(SOLD OUT) 

 

地生フルタンニンカーフ イタリアン OIL/WAX 加工 ウエスタンシャツ / ブラウン 

 

地生フルタンニンステア 製品染め ダブルライダースジャケット / ブルー(SOLD OUT) 

Instagram

En
En